Event is FINISHED

C20(市民20)サミット ハンドオーバー・イベント:サウジアラビアの人々とともに、「持続可能な世界」を求める市民の声を響かせる

Description
2020年C20サミット主催団体最高責任者 ヌーフ・ビン=ムハンマド王女が参加


  • 日時:2019年11月18日(月)午後1時~5時(開場:午後12時30分)
  • 場所:聖心女子大学 4号館「聖心グローバルプラザ」3階 ブリット記念ホール
    ※東京メトロ日比谷線広尾駅4番出口下車徒歩2分
    (渋谷区広尾4-2-24聖心グローバルプラザ)
    ※アクセス情報:http://ow.ly/3ZMP30pHvtZ
  • 主催・企画・実施:2019G20サミット市民社会プラットフォーム、(特活)国際協力NGOセンター(JANIC)、(一社)SDGs市民社会ネットワーク、(特活)アフリカ日本協議会
  • 助成:(公財)庭野平和財団 他
  • 参加費:無料
  • 言語:日本語・英語(日英同時通訳が入ります)
  • 問合せ:G20市民社会プラットフォーム共同事務局
    SDGs市民社会ネットワーク c20@sdgs-japan.net(担当:稲場)
    国際協力NGOセンター(JANIC)janic-advocacy@janic.org(担当:堀内)
日本でのG20を引き継ぐ、来年のG20開催国はサウジアラビアです。世界の市民社会の声をまとめ、「提言書」にして安倍晋三総理に手渡した「C20(市民20)」をはじめ、W(女性)20、L(労働)20など、8つの「エンゲージメント(参画)グループ」の取り組みも、サウジアラビアに引き継がれます。サウジアラビアに任期が移るのは12月1日です。

サウジアラビアは、G20の「マルチステークホルダー」の仕組みを、どのように引き継ぐのでしょうか。また、サウジでの「C(市民)20」は、持続可能な社会や民主主義、アカウンタビリティ、ジェンダー平等などを求める市民の声を反映できるのでしょうか。それを知るには、この「ハンドオーバー・イベント」に参加するのが一番です。

本イベントには、サウジアラビアでC20を実施する「ハーリド国王財団」(King Khalid Foundation)の最高経営責任者、ヌーフ・ビン=ムハンマド・アル=サウード王女がパネリストとして参加し、来年のC20の取り組みについて説明します。また、2021年のG20開催国イタリア、2022年の開催国インドの市民社会代表も参加し、G20においてどのように市民の声を響かせるかを討議します。もちろん、昨年の開催国アルゼンチン、今年の日本のC20の成果の評価も行います。

G7に比べて、はるかに多様性に富んだ国々で構成されるG20。科学技術イノベーションや世界的な「内向き志向」の広がりの中で、どのように市民の声を響かせていくのか。ご関心をお持ちの皆さまのご参加をお待ちしております。
Tue Nov 19, 2019
1:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加券 FULL
Venue Address
渋谷区広尾4丁目2−24 Japan
Organizer
SDGsジャパン サステナブル・ストーリー・プロジェクト
156 Followers